年齢は関係なく50代や60代になっても性欲はあるために、性行為を求める男性は多いと思う。

しかし、若いころとは違い、年齢が重ねることで、肉体的な負担が大きい。あるデータによると、100回射精するだけで200~400mの距離を全力疾走したのと同じくらいのエネルギーを消費するそうです。これはかなりの体力、そして精力を消費することになります。

20代ならまだしも、50代や60代になるとヘトヘト状態になります。
そのために、普段から健康的な食事を意識的にとっておかなくてはいけません。

新聞などには取り上げられていませんが、性行為などの最中に心筋梗塞や心臓発作などをお越し、死亡する例があります。これも、一気に体力を消耗し、心臓や脳に急激な負担を与えてしまうからです。

腹上死と呼ばれていますが、動脈硬化が進んでいるのが背景に有ります。動脈硬化が起こると、血管の内側がだんだん狭くなり、収集的に詰まってしまう。とくい、陰経内部の動脈は一番細いと言われているために、どうしてもデリケートで、勃起不全にもなりやすくなる。

この動脈の部分が心臓に血液を送るために、密接に関係するために新近郊外になるわけです。

海外のデータによると、バイアグラが発売された当時、半年間で30人の心筋梗塞など副作用が発症したそうです。そのうち2人が死亡したということが話題になりました。

ただし、実際にはバイアグラとの因果関係は不明で、勃起不全治療薬を服用していない人でも心筋梗塞になることがわかっているために、ある程度の注意は必要。

なおかつ、バイアグラやシラグラなどを服用しつつ、狭心症や心臓に関連する薬を服用する場合は、医師に相談をすること。どうしても、動脈や冠動脈に関係する作用があるために、併用し効果が過剰になる恐れがあります。