EDという言葉を聞く人が現代になって増えているのではないでしょうか?
一昔までは「インポテンツ」という言葉が流行ったような記憶がありますが、今ではEDの方が多いような気がします。

EDは、日本語で「勃起不全」に当たる症状になり、国内でもアメリカ医学でも、EDの定義は同じで「成功時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないために満足な性行為が行えない状態を言います。」

ようするに、性行為の時に失敗の頻度は関係なく、勃起を維持することができなく、射精できないと勃起不全になるということになります。

そして、勃起不全が起こる頻度によって軽傷、中等症、重症に分類されるそうです。

日本人男性のED有病率を寝大別で見ると、60~70代が一番多いそうです。その次に、60代、50代に続きます。コウレイになればなるほどEDになる確率は高くなっていきます。

70代で約50%の確率でEDになり、40代だと約20%。
以外にも多い数字だと思うのですが、総合的に見ると重症の患者だけで1200万人だそうです。中等症や軽傷を数えるともっと多いにんずになるそうです。

どうしてこのような人数になるのか?
実は、EDの症状に気づいているのに、病院やクリニックに通院をする人が少ないそうで、わずか4.8%だそうです。

やはり、勃起不全に悩んでいる人も治したいという気持ちはあるものの、病院に行くのが恥ずかしい、お金がかかるために、行きたくても行けないのが原因かもしれません。

そのために、インターネットの通販を利用し、バイアグラのジェネリックシラグラなどを安くネットで購入する人が増えているんだとおもいます。