人間は加齢によって様々な病気にかかりやすくなる。これはしかたがないといえば仕方がない。

そのなかで、男性にとってある意味最も掛かりたくない病気がEDと前立腺肥大ではないか?
前立腺の肥大に、肥満などの生活習慣病が関係しているといわれています。

前立腺肥大を、食事や運動など生活上の注意で発症することも多いそうです。前立腺により、ガンのようにすぐさま命を奪いとるようなことではありませんが、男性としての自信を、楽しさを失わせたり、仕事や生活に生きがいの麺がなくなってしまう一つの病気です。

前立腺肥大症の場合は、排尿がうまくイカなくなる病気で、男性の尿道を取り囲んでいるクリのような形をした期間が、精液を作る働きをおこなっています。

しかし、年齢や食事のバランス、ストレスなど、さまざまなことが影響し、膀胱の出口や尿道を圧迫してしまい、その結果として、尿の出が悪くなり、残尿感を感じやすくなる。

これが前立腺肥大症の病気です。

EDと同じように年齢が高くなればなるほど発症率が高くなる傾向があります。

実は、前立腺肥大症を改善させるために、手術を行うのですが、副作用としてEDになるというケースが多いと言われています。

ただ、尿を排出するためには仕方がないとは思うのですが、EDになるのは男性にとってはつらいもの・・・。そこで、EDの改善薬としてバイアグラやジェネリックのシラグラが処方されます。

ED治療薬は器質性や心因性などのEDに効果があり、前立腺肥大症の場合は器質性に部類され、シラグラを服用することで、EDの悩みをやわらげる効果が期待できます。