人間の体にはケガや病気を自分で治す自然治癒力があります。例えば、頭痛が一晩寝たら治ったり、切り傷にかさぶたが出ていつの間にか治ったり、そんな経験はだれでもあると思います。

これは人間特有の自然治癒力。
でも、加齢の影響や疲れがたまったり、体力が低下していると、自然治癒力の力が低下してしまい、最大限に力を発揮することができない。

そこで、薬などを使い、悩んでいる部分や怪我を治すわけです。

体が健康な状態に戻るのを助けるサポータであり、病気が速く治るのを助けるという感じ。

たとえば、風を引いた時に服用する風邪薬は、風邪のウイルスを排除するのではなく、体の負担や日常生活の症状を和らげて、自然治癒力を活発にするために戻す、サポートする効果があるわけですね。

ただし、薬によっては効く薬もあれば、効きにくい薬もあります。

同じような薬を飲んでも、作用が強く出る人もいればそうでない人もいるのは確か。
「あの薬を使えば悩んでいた部分を解消できたという話を聞き、使ってみたら効果がなかった」そんな体験をした人もいるはず。

これは、薬を使う人の体格や薬に関する感受性、肝臓の代謝力の強さなどが関係しているからなんですね。
一般的には解読力が強いほど薬の効果が期待できると言われています。

たとえば、勃起不全治療薬のシラグラは、酵素を抑えることで、血流を活発にして、悩んでいた部分を改善してくれる。

しかし、服用する人によっては、酵素の量が多ければ、その分機器が弱くなるために、同様に効果が得られなくなります。

症状により、薬の用法用量をうまく使うことが重要になります。