病院で処方される薬と、同じ成分の市販薬、成分が同じなら、効果も同じではないのか?

成分が保つ作用そのものは同じでも、市販薬と医療用医薬品では「効能・効果」や「用法・用量」が異なったり、使用上の注意も違うそうです。

・医療用医薬品
医師・歯科医師の処方に基づき購入
医師や歯科医師の診断を受け、患者のケガや病気の程度に合わせて種類の量が決められる。

医師が診断に基づいて、固い処方せんを薬局に提出し、薬剤師から服用指導を受けて購入。
・一般用医薬品
使用者の自己背筋、自己判断で購入
使用者が薬剤師などの助言を受けて自己判断で購入し、その責任は自らが折って使用することになります。

リスクによって分類されますが、それぞれ陳列場所や情報提供をする義務を追う専門家などが異なる。現在ではネット販売可能。
一般的に、医療用医薬品は効果が高く、そのため使用を間違えると重大な副作用が起こる可能性があります。やはり、リスクを避け、悩んでいる部分を解消させるなら医療用医薬品で、病院に受診をし、薬を処方してもらうこと。

ただし、病院まで通院をしなくてはいけないというリスクが有るために、近くで販売されているドラックストアーを利用し、一般用医薬品を気軽に購入する人もいます。ただ、副作用が起こった場合は、自己責任になるために、それぞれのメリット、デメリットが有るために考えた上に使うこと、購入することが重要になります。